鈴木俊太郎の研究テーマ

鈴木俊太郎の研究テーマは、大きく分けて2つです。

人の心の癒しを目指す「臨床心理学」という分野と、人と人との関係性の中で生じる心理的諸現象を扱う「社会心理学」という分野がそれに当たります。


1.臨床心理学に関して

  • カウンセリングの効果測定研究
  • 家族療法に関する研究
  • ソリューション・フォーカスト・ブリーフ・セラピーに関する研究
  • 情動焦点型ブリーフセラピー(EFBTh)に関する研究

2.社会心理学に関して

  • 協同問題解決を行う成員の満足感に関する研究
  • 協同問題解決を円滑に遂行するための言動に関する研究


上記はあくまで一例です。